的場眼科

大阪市中央区谷町6丁目の的場眼科です

的場医院

 

HOME»  その他の手術

流涙症とシリコンチューブ留置術

ドライアイと逆に、鼻涙管が狭くなったために涙があふれたり、流れたりする場合があります。 この場合は、シリコン製の細いチューブを涙点から鼻涙管に通して、2~3ヶ月留置してから抜き取ります。

 

ヌンチャク型シリコンチューブ

 

ドライアイと逆に、鼻涙管が狭くなったために涙があふれたり、流れたりする場合があります。
この場合は、シリコン製の細いチューブを涙点から鼻涙管に通して、2~3ヶ月留置してから抜き 取ります。

 

チューブを通していきます

 

上下の涙点より細いブジーと呼ばれる針金を中に通して、こしを持たせたチューブを通していきます。

 

流涙症とシリコンチューブ留置術

 

細い部分のみが表から見えますが、軟らかいシリコン製ですので違和感を感じることは少ないのです。縫合で固定する必要はなく、抜く際は細い部分をピンセットで引っ張っていけば、スルリと抜けていきます。  

  治療費は薬剤費を含めて3割負担の方で、約8,000円前後になります。但し、100%の治癒率は期待できません。

 

先天性鼻涙管閉塞開放術

新生児で生まれつき、鼻涙管の先端の鼻腔に開口している部分に膜が張って涙の排泄をせき止めている場合があります。そうすると産科・小児科で目薬をもらって使っていても、流涙・眼脂が続くわけです。

 

先天性鼻涙管閉塞開放術

 

自然治癒する場合も有りますが、当院では1~2ヵ月間涙嚢部マッサージを母親にしてもらって、改善しない場合は、鼻涙管の通過性を調べて、閉塞を認めた場合は、細い針金状のブジーと呼ばれる治療具を涙点から進めて、膜を突き破る処置を行います。

 

先天性鼻涙管閉塞開放術

 

顔の上に当てたブジーの先端位まで、挿入しているブジーを進めます。一度行えば大抵は完治して流涙・眼脂は治ります。治療費は点眼剤を含めて、乳幼児医療適用の方は、500円となります。2割負担の方は約12,000円となります。

 

まぶたのしこりの手術

まぶたに脂肪が溜まったり、めばちこが治った跡が、しこりになって目立つ場合があります。 まぶたに麻酔の注射をして、しこりを摘出します。約10分位で終わります。治療費は薬剤費を含めて3割負担の方で、約2,500円前後となります。

 

眼瞼内反症の手術

子供さんで、睫毛の生える向きが、前を向かずに立ち気味となり眼球と睫毛が当たって刺激症状を起こす場合があります。大抵は成長につれて、自然に治る場合が多いですが、小学生の高学年になっても改善しない場合は、手術を考えたほうが良いでしょう。

 

眼瞼内反症の手術

 

手術は瞼への局所麻酔で行いますので、外来通院で行えます。 目の縁に沿って切開を加えて、余り気味の皮膚を切除して、6ヶ所ぐらい縫合します。1週間後に抜糸します。治療費は薬剤費を含めて、3割負担の方で約6,000円位です

 

老人性眼瞼下垂(眼瞼皮膚弛緩症)の手術

歳をとってくると、上眼瞼の皮膚がたるんで下がってきて、視界を妨げて、うっとおしく感じる場合があります。この場合は上眼瞼のたるんだ皮膚を切除して6ヶ所位縫合します。1週間後に抜糸します。

 

老人性眼瞼下垂(眼瞼皮膚弛緩症)の手術

一見眼瞼が下がっているように見えますが、たるんだ上眼瞼を引っ張ると、眼瞼は普通通り開いているのが分かります。

 

老人性眼瞼下垂(眼瞼皮膚弛緩症)の手術

 

上眼瞼のたるんだ皮膚を切除した手術後の状態です。手術を受けられた患者さんは、目が開け易くなって、すっきりしたと喜ばれます。
上眼瞼の吊り上げる筋肉が弱くなって眼瞼が下がる真性の眼瞼下垂の場合は、当院では扱っておらず、大阪医療センター眼科の形成を専門にされている先生にお願いしています。
治療費は薬剤費を含めて、3割負担の方で、約20,000円位となります。

 

翼状片の摘出術

結膜から角膜に向かって、肉片のようなものが伸びてゆく病気です。

 

翼状片の摘出術

 

小さい間は視力に影響はなく、放置しておいて良いのですが、瞳孔にかかると視力を損ないますので、そうなる前に摘出する必要があります。
白目に麻酔をして、摘出して白目を数ヶ所縫合します。1週間後に抜糸します。治療費は薬剤費を含めて、3割負担の方で、約7,000円位です。

 

結膜弛緩症の手術

聞きなれない病名ですが、眼瞼下垂で述べたように、白目の薄い膜が加齢のために伸びて弛んで余って来る状態です。余った部分が角膜にかぶさったり、眼瞼の縁にかぶさって眼の違和感を起こします。点眼剤で加療しても、症状が改善しない場合は、白目に麻酔の注射を少しして、余った白目を三日月状に切除して、数ヶ所縫合します。1週間後に抜糸します。費用は薬剤費を含めて3割負担の方で約8,000円位です。

 

逆睫毛の電気分解

逆睫毛というのは、うっとうしいもので抜いても、1ヶ月もしないうちにまた同じように伸びてきます。
根治的なやり方として、睫毛の毛根部を電気で焼灼して、2度と生えてこないようにするやり方が有ります。目の縁に麻酔の注射を少量して、電極針を睫毛の根元から、刺入して、毛根部で電流を流します。3割負担で約2,000円です。欠点として毛根部を直接確認出来ないので、不確実な場合があります。

 

お問い合わせ

お問い合わせ