的場眼科

大阪市中央区谷町6丁目の的場眼科です

的場医院

 

HOME»  白内障手術

白内障手術

白内障手術について
平成元年の開院以来、白内障手術及び眼内レンズ挿入を日帰り手術で行っておりましたが、諸般の事情により平成11年より白内障手術は行っておりません。

白内障手術が必要になった患者様は、ご相談の上、手術をしている医療機関に紹介させていただき、手術終了後、術後の経過を見させて頂いております。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

白内障の手術時期について

基本的には、患者さんご本人が見えにくくなって、仕事や日常生活に不自由を感じるようになった時がその方にとっての手術時期と考えて下さい。患者さんによって手術時期には早い遅いの個人差があります。

 

白内障手術の受け方

(1)数日間入院して手術を受ける
従来のやり方で、片目で5日から1週間、両目で10日から2週間の入院になります。全身疾患(糖尿病、心臓疾患)のある方や、足元が弱っている方は入院された方が良いでしょう。
(2)1日短期入院で手術を受ける
しばらく入院するほどではないが、手術を受けた晩から翌日まで入院した方が気分的に安心するという方は1日入院がよいでしょう。
(3)日帰り手術で受ける
特に全身的に問題なく、慣れた自宅で過ごすのがよい方は日帰り手術で受けられたらよいでしょう。 基本的に現在の手術は、以前に比べて非常に小さな切開創で行いますので、術後の安静養生は必要ではなくなっていますので、日帰り手術で合併症が起こりやすいと言うことはありません。

患者様とご相談の上、ご希望の医療機関があればそちらに紹介致します。 特にご希望がなければ、入院の場合は国立大阪病院、日帰り手術の場合は四つ橋にある坪井眼科(個人の眼科ですが、先進的な医療を行っておられ手術症例が非常に多い眼科)に紹介致します。

 

お問い合わせ

お問い合わせ